葬祭場とは?

こんばんは。春になっても夜は寒いですね。でも、冬の寒さに比べれば、なんてことのない寒さです。これから梅雨を超えて、暑い暑い夏がやってきます。
今くらいが一番過ごしやすいのかもしれませんね。
さて、夏といえばお盆ですが、今はイベントと化していますが、死者の霊が現世に戻ってくるのがお盆、ということですね。
現世に戻ってきた霊を祭るのが、葬祭場ということみたいです。
なるほど、『お祭り』は『祭る』からきているのですね。死者を弔うのに『祭』だなんて!とおもっていましたが、それは私のほうでした。真の意味を知らず、ただただ祭りが楽しいイベントと思い込んでいた私でした。
葬祭場とは、『葬祭』に使用される施設のことをいうようです。葬儀に使用したり、弔い、祭ったりするのに使用する。ということですね。
お盆には現世に戻ってきた死者を弔う気持ちが大事ということですね。よく初盆なんていいますが、それはこのことでした。無知すぎました。
葬祭場というのは、普段縁のないところですが、こんなにも重要なところだったのですね。
葬儀場や斎場なんていうものはよくみかけますが、葬祭場というのは見かけたことがなかったかもしれません、いえ、気にしていなかっただけなのかもしれませんね。
ちなみに家族葬の事なら、はじめての家族葬ガイドを参考にしてみては?
葬祭場を調べてみてよかった。とつくづく思いました。