告別式と高所恐怖症

今日の仕事が終わり、久しぶりに残業しないで早く帰宅できると喜んでいた所に上司から呼ばれ
取引先の社長が亡くなったので自分の代わりに急遽、告別式へ参列してほしいと言われました。
今日は残業なく帰宅できるのはいいのですが明日の朝一には告別式へ参列する為に東京へ行かなければなりません。
私は北海道なので飛行機で向かうのですが高所恐怖症の私にはこくな出張の一つです。
だからと言って夜行列車で向かっても告別式の時間には間に合わないので、ここは覚悟を決めて飛行機で行くしかありません。
高所恐怖症のせいで学生時代のデートの時は遊園地へ行っても最後に観覧車に乗ってムード良く…なんて事も出来ませんでした。
それもまた淋しい思い出の一つです。そして今日の飛行機も、慣れない東京の告別式と重なって複雑な思い出の一つになる事でしょうね。
告別式が1日ずれていれば私が行かなくても良かったはずなのに、同僚は私の気持ちは知らずについでに東京見物でもしてきたらいいんじゃない?と呑気な事を言ってます。
告別式でしんみりした後に、帰りの飛行機の事を気にながら楽しく東京見物なんて、そんな高度な事は不器用な私にはとても出来そうにありません。
1人だと色々と不安なので誰か一緒に告別式へ参列する人を探そうと思います。とりあえず取引先に電話してお伺いをたてたいと思います。